クラシックネガの色味の特徴をサンプルと共に探ってみる

X-Pro3
スポンサーリンク

クラシッククロームはクラシックネガに近づけられる?

結論から言うと、やっぱり無理だと言わざるを得ない。赤だけを青みを抜く、暗い緑だけ青みを足すっていうのがカメラでの設定をどれだけこねくり回しても、できそうにない。







クラシックネガを楽しむにはX-Pro3しかないってことですね。

フィルムシミュレーションについて、もう少し詳しく知りたいという方はこちらを。

富士フイルムのカメラの神髄、JPEG撮って出しを可能にするフィルムシミュレーションによる違いって?
JPEG撮って出しができるのはフィルムシミュレーションのおかげ 僕が富士フイルムのカメラを使っている一番の理由はフイルムシミュレーション機能に感動したからです。ファインダーをのぞきながら、フィルムシミュレーションを変えるごとに目の前に表現...

X-Pro3にて初めて搭載された明瞭度についてもサンプルを載せていますので、参考にどうぞ。

https://photrip.findelight.net/clarity_setting/

X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-Pro3 カメラ
スポンサーリンク
シェアしてくれるとうれしいです
スポンサーリンク
TriPhotograph 旅と写真と

コメント

  1. 通りすがり より:

    「X-Pro3 Stories, #2 銀塩フィルムから学ぶ」
    https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/x-pro3-stories-2-learning-from-film/

    上記のURLにある、色ごとに調整している、ってやつの具体例としてとても参考になる作例ですね。
    こういう高度な色調整をするフィルムシミュレーションが増えるのは嬉しいです。
    私もX-Pro3が欲しくなりました。

    • ジョイジョイ より:

      コメントありがとうございます、すごく嬉しいです!
      X-Pro3は、と言うか、クラシックネガは最高なのでぜひ手に入れてください、毎日の生活のクオリティが上がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました