クラシックネガの色味をクラシッククロームと比較

X-Pro3
スポンサーリンク

クラシッククロームはクラシックネガに近づけられる?

クラシックネガの色味を様々なサンプルと共に見てきました。

クラシックネガの色味の特徴をサンプルと共に探ってみる
フィルムシミュレーション、クラシックネガを紐解いていきたい 新しく僕の元にやってきたX-Pro3、クラシックネガと明瞭度に惚れこんでしまったのが手に入れた理由なんですけど、このクラシックネガがかなり癖が強くてまだまだ自分の中で扱い切れてな...

上の記事も参考になると思いますので、このページから見始めたという方は後で観てみてください。

クラシッククロームはクラシックネガに近づけられる?というのが、富士フイルムのユーザーの間でよく話されているような気がします。実際にチャレンジしてみている方もたくさんいるようですね。

ただ、結論から言うと、やっぱり無理だと言わざるを得ないです。クラシックネガの特徴である「赤だけを青みを抜く、暗い緑だけ青みを足す」っていうのがクラシッククロームをベースとしてカメラでの設定をどれだけこねくり回しても、実現できそうにないと感じます。

クラシックネガとクラシッククロームの比較のサンプルをいくつか載せていますので、参考にしてみてください。






クラシックネガを楽しむにはカメラを買うしかない

クラシックネガを楽しむにはクラシックネガを搭載しているカメラを手に入れるしかないってことですね。今の所、クラシックネガを使えるカメラは、X-Pro3、X100V、X-T4の3種類。どれもクラシックネガが搭載されているという魅力だけでなく見た目にもカッコいいカメラです。



フィルムシミュレーションについて、クラシックネガ、クラシッククローム以外にも、もう少し詳しく知りたいという方はこちらを参考にどうぞ。

富士フイルムのカメラの神髄、JPEG撮って出しを可能にするフィルムシミュレーションによる違いって?
JPEG撮って出しができるのはフィルムシミュレーションのおかげ 僕が富士フイルムのカメラを使っている一番の理由はフイルムシミュレーション機能に感動したからです。ファインダーをのぞきながら、フィルムシミュレーションを変えるごとに目の前に表現...

X-Pro3にて初めて搭載された明瞭度についてもサンプルを載せていますので、参考にどうぞ。

X-Pro3から搭載された明瞭度設定をレビュー
JPEG撮って出しで明瞭度が使える 富士フイルムのカメラではX-Pro3で初めて搭載された明瞭度。RAWから現像する場合のAdobeなどのアプリソフトでは当たり前のように使われていて、ある意味今の流行りとも言える機能で、JPEG撮って出し...
X-T20の作例を載せています

オシャレで仕事ができる、僕の相棒X-T20で撮った写真をまとめていますので、ご覧ください。

X-Pro3 カメラ
スポンサーリンク
シェアしてくれるとうれしいです
スポンサーリンク
TriPhotograph 旅と写真と

コメント

  1. H.O より:

    初めまして。最近X-T10を使いだし富士のカメラの事を調べていてここを知りました。
    とても見やすく、そして分かりやすくご説明されていてありがとうございます!

    何処でもコロナ問題で大変な時ですが、お体ご自愛ください。

タイトルとURLをコピーしました