南部鉄器の及源鋳造のファクトリーショップはオシャレで欲しくなりがち

スポンサーリンク
岩手
スポンサーリンク

南部鉄器のギャラリー兼ショップなんてあるらしい

ゴールデンウィークの岩手旅行はあいにくの雨。外での遊び計画は延期に。

ということで、奥さんが行ってみたいと調べてあった及源鋳造のファクトリーショップに行ってみることにしました。

目の前にある建物は、まさに工場(こうば)。ファクトリー感あふれてます。

入り口を入ると、町工場そのもの。円柱タイプのポストも渋すぎる。まぁ、鉄瓶だから工場で直接買うってことなのかな。

ショップの中は超オシャレ、岩手の撮影スポットかも

建物の二階に上がって中に入ると、外観とは全く違う内装。突然、都会のオシャレなセレクト雑貨ショップにワープしたような感覚。さっきの町工場感どこ行った??って感じです。

これは超見て回りたくなるやつ!さっそくいろいろ見て回り、撮っていきます。

南部鉄器と言えば、やっぱり鉄瓶のイメージ。中学の社会科の教科書で習ったような。艶があって高級感あるたたずまい。小さいのもあって、こちらは思っていたよりかわいらしい。

キャンプ用の小さな鍋なんかも売ってます。丸っこくてかわいらしい。これ持ってキャンプいったら楽しいかも。

それにしても、このレイアウト。また言っちゃいますけど最初の写真の建物の中ですよ。ギャップがすごくないですか?

スープ用の鍋なんかも売ってます。南部鉄器って優しく光が当たった時の黒の出方が美しいんですね。だから写真を撮りたくさせます。ここ、岩手有数の撮影スポットかもしれない。

フライパンやグリルパンもありました。グリルパンのレイアウトなんて、もはやヨーロッパの雰囲気出ちゃってます。

こうやって並べて置かれると、撮影欲が。色が極限までそぎ落とされたシンプルなミニマリズムの世界。いちいちオシャレなレイアウトだから、撮影がはかどるはかどる。

箸置きなんかも置いてます。もちろん、鉄製なのでかわいい見た目の印象よりもずしっときます。陶器と違って落としても割れないから、子供がいる家なんてこっちの方が良いですね。

休憩できるテーブルがあって、そこでお茶をいただいたりできるんですけど、そこに何気なく置いてあった鉄器で作った花瓶が素敵だったのでずっと撮ってました。これが玄関なんかに置いてあったらカッコいいですよね。黒がある生活って結構いいなぁって。

ちなみに、上2つの写真はクローズアップレンズフィルタを着けて撮影してます。小物撮りには超便利な手放せないアイテムです。ブログなんかで小物を紹介したいって時に超役立ちますよ。

クローズアップレンズ、良い買い物した!
小物撮りに最高、クローズアップレンズ CP+のアウトレットで何か面白そうだったので買ってみたクローズアップレンズ。 まさか、こんなに役に立つものだとは思わなかったので、ぜひ皆さんに...

我が家は、こちらの鉄瓶を購入。家に置いてあると結構しっくりきていいですよ。

直接行って観てみるのはもちろんワクワクするんですが、ネットでも販売されているんで、この記事を読んで興味を持たれた方はこちらからどうぞ。

最後に、及源鋳造さんのサイトはこちら。
営業時間や場所はこちらからチェックしてみて下さい。

鉄器の及源鋳造株式会社 - OIGEN(オイゲン)愉しむをたのしむ【公式】
鉄器のある暮らしの愉しさを提案! 1852年創業の及源鋳造は南部鉄器の老舗として、暮らしに寄り添った鉄瓶、鉄鍋などをご提供。 デザインのよい鉄鍋に鉄フライパン、南部鉄器らしい鉄瓶や、シェフご用達プロ仕様のテーブルウェアまで、 岩手の伝統工芸を購入可能、オンライン通販も。及源鋳造 OIGEN CAST IRON 1852

コメント