撮影テクニック

スポンサーリンク
X-T20

X-T20を買ってから1年経って、撮影がさらに楽しく面白くなった

X-t20と一年付き合って、カメラの楽しみ方が分かってきた 約一年前、富士フイルムのX-T20を買ってから、いろんな所に行っていろんな物を撮ってきました。 上手く撮れなかったりして、どうすれば良かったのかなと考えてみたり、表現の幅を...
2019.04.06
X-T20

クローズアップレンズ、良い買い物した!

小物撮りに最高、クローズアップレンズ CP+のアウトレットで何か面白そうだったので買ってみたクローズアップレンズ。 まさか、こんなに役に立つものだとは思わなかったので、ぜひ皆さんにも知ってもらいたいと思いました。 スイーツ...
2018.06.03
カメラ

富士フイルムのカメラにあるトーンを作例で説明するよ

富士フイルムユーザの皆さん、トーンを使いこなしていますか? トーン設定は、コントラストをコントロールする機能です。シャドウトーンは、画像の中の暗い部分のみのコントラストの強弱、ハイライトトーンはその逆で画像の中の明るい部分のみのコントラス...
2018.06.03
スポンサーリンク
カメラ

富士フイルムのカメラ、カラーの設定をかけると写真はどう変わる?

カラーは重要な要素 富士フイルムのカメラでは、と別に富士フイルムに限定した話ではないんですけど、撮った画像に対してどんな処理をかけるかをいろいろ設定できます。 その中の一つの項目として、「カラー」が設定できます。-4~+4までの9段...
2018.06.03
カメラ

富士フイルムのカメラの神髄、JPEG撮って出しを可能にするフィルムシミュレーションによる違いって?

JPEG撮って出しができるのはフィルムシミュレーションのおかげ 僕が富士フイルムのカメラを使っている一番の理由はフイルムシミュレーション機能に感動したからです。ファインダーをのぞきながら、フィルムシミュレーションを変えるごとに目の前に表現...
2020.01.13
カメラ

富士フイルムのカメラの神髄、フィルムシミュレーションによる違いって?モノクロ編

富士フイルムはモノクロームにもこだわり さて、あえてモノクロームについては前回の記事では書かなかったんですが、モノクロームにも独特のこだわりがあるのが富士フイルムのフィルムシミュレーションのすごい所です。 ここでは、そのモノクロ...
2020.01.13
X-T20

雪が積もった朝、カメラを持って撮影に

雪と青空を撮影に行こう 昨日は関東も数年ぶりの雪でした。 それから一夜明けて、朝の空は雲一つない快晴。 でも、辺りは一面の雪景色。これは青空と雪を撮るチャンス!早速近所をぶらぶらとしてきました。 秋にはきれいな銀...
2018.06.03
X-T20

バラのシルエット写真で官能的な姿の撮影に挑戦

バラをもっとセクシーに撮りたい 僕は花を見て可愛いと思う事はなくて、だいたいセクシーだな、官能的だな、エロティックだなと思っています。だから、花を撮る時もできるだけセクシーに撮ってやろうという狙いで撮っています。 中でもバラはあの花...
2018.03.21
X-T20

銀杏の葉とX-T20のフィルムシミュレーションの相性は最高

銀杏の黄色が映える季節がやってきました 風も冷たくなって、空気も澄んですっかり秋ですね。秋と言えばやっぱり紅葉ですよね。 紅葉というと赤く染まるイメージですけど、僕は銀杏の色合いがとても好きです。 この季節は銀杏の葉が見事な黄...
2019.12.11
X-T20

富士フイルムのマクロエクステンションチューブでバラを撮る

X-T20でバラをマクロで撮る バラは一輪でも、何層もの花びらが重なっていて奥行き感があって豪華なので、マクロ撮影してみたいんですよ。 僕の愛用しているX-T20でマクロ撮影するには、XF60mmF2.4 R Macroや、XF80...
2018.06.08
X-E2

スーパームーンを楽しんで撮影

SUPERMOON、このチャンスを逃してはいけない 月は地球に対して楕円軌道をしているので、地球から月までの距離は約35万7000kmから40万6000kmまで変化するそうで、一番近いときの満月は、一番遠い時のものよりも最大14%大きく、...
2019.12.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました